第二新卒者の知恵袋

第二新卒スキルなし!人生終了?いや、転職は上手くいきます!

新卒で入った会社がどうしても合わなくて辞めてしまいました。ただ、早く辞めてしまった影響で、今の自分はスキルなしの状態です。こんな状態で転職しても大丈夫でしょうか?

スキルなしでの転職となると、確かに不安な部分はありますよね。

特に大手企業を辞めると、人生終了・・と悩んでしまう人もいるでしょう。

しかし、悲観的になる必要はありません。

なぜなら、第二新卒スキルなしの人であっても、転職活動は上手くいくからです。

本記事では、その理由をまとめました。

企業が第二新卒に求めているものをきちんと理解し、転職活動に活かしましょう!

第二新卒のスキルなしでも転職は上手くいく

よく「第二新卒でスキルなしの転職は困難を極める」と言いますが、そんなことありません。

なぜなら、第二新卒に求められるのはスキルよりもポテンシャルだからです。

募集する企業側も第二新卒であることを念頭に置いているので、高いスキルは求めていません。

スキルを求めない代わり、応募者からのポテンシャルを感じ取ろうとしています。

そのため、第二新卒で転職活動を上手く進めるには、自分のポテンシャルをいかに上手くアピールするかが大事なのです。

スキルに関しては、あまり深く気にする必要はありません。

第二新卒に求められるポテンシャルとは?企業が見ているポイント

ポテンシャルとは、日本語に訳すと可能性です。

可能性を抱く、それは企業があなたに期待することでもあります。

この人なら採用しても大丈夫」、「この人なら長く続けてくれる」と期待されたとき、あなたのポテンシャルが認めてもらえたことを意味します。

では、企業はどのようにしてポテンシャルを見極めているのでしょうか?

本段落では4つのポイントをまとめました。

社会人の基礎スキル「ビジネスマナー」は身に付いているか?

人と接していく社会において、ビジネスマナーは不可欠とも言えます。

ここでいうビジネスマナーとは、言葉遣いや態度、身だしなみ、コミュニケーション能力などのことを指します。

ビジネスマナーのなっていない人は、仕事に大きな影響を与えます。

例えば、コミュニケーション能力なら、社内の人間と社外の人間共に意思疎通を図る上で不可欠です。

コミュニケーションが上手くできない人は、大事な報告を怠ったりして、取引先との関係に亀裂が生じる可能性もあります。

そうなると、企業にとっては大きなマイナスです。

そのため、企業はビジネスマナーを見極めようとします。

一例を紹介しますと、「面接での質問に対し、ハッキリと答えられるか?」、「身だしなみはきちんと整えているか?」などですね。

またすぐに辞めないか?

企業はあなたを採用する以上、長く勤めてもらいたいと考えています。

というのも、第二新卒は新卒で入社してから数年以内に辞めた人達を指します。

そのため、第二新卒に対して「またすぐに辞めるのでは?」と疑った目で見てしまう企業もいるのです。

企業からの疑いの目をはらすには、勤続意欲をハッキリとアピールする必要があります。

大きな目標はあるか?

社会人として、あるいは企業に勤務する上で目標を持っておくことは大事です。

大きな目標があることで、今後働いく上でその目標に向けて「自分がどう行動していけば良いのか?」が明確になります。

こうした目標のある人は、成長力があるという風に見られ、企業側からも良い印象を抱いてもらえます。

逆に目標がない人は成長力が低いと見られてしまい、転職活動ではマイナスです。

自分をどこまでアピールできるか?

第二新卒はスキル面でのアピールは難しいです。

そのため、仕事に対する姿勢やあなた自身の人間性をアピールする必要があります。

仕事に対する姿勢であれば、先ほど解説した「勤続意欲」や「目標」などですね。

人間性であれば「自分の長所である〇〇を業務にも活かしていきたいです」という風に、自分の性格を上手くアピールすることで企業から前向きに評価されます。

人間誰しも1つは長所がありますので、あなただけの強みを存分に生かしましょう。

まとめ

第二新卒はスキルがないことでデメリットが強調されがちですが、その分若さという強力な武器があります。

若い内であれば異業種への転職においても有利です。

人生終了どころか、まだまだ可能性の方が高いといっても過言ではありません。

どうしても今の企業が合わないようでしたら、無理に長く続けるよりかは思い切って転職されたほうがいいでしょう。

後はあなたのポテンシャルを企業に認めてもらうだけです。

転職活動を成功させるためにも、本記事で解説した内容を参考にいただければと思います。